ルート フランスパリ
サンジェルマンデプレ-エッフェル塔

パリ, フランス

サンジェルマンデプレ-エッフェル塔

長さ4.3 km
高さの変化40 m
ステップ6000

公園

トイレ

公共交通機関

遊び場

座る場所

車椅子に優しい

ベビーカーに向いている

子供に向いている

犬に優しい

美しい景色

史跡

湖または川

作成者: Energie
ルート詳細
「サンジェルマンデプレ-エッフェル塔」はパリ, フランス周辺にある4.3 km(6,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ40 mで、難易度は簡単とされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。
Départ Boulevard Saint Germain - Invalides ( Musée de la Guerre ) - Champs de Mars - Tour Eiffel - Traversée de la Seine - Sculptures

エッフェル塔

場所
エッフェル塔(エッフェルとう、仏: La tour Eiffel)は、フランスの首都パリの象徴的な名所となっている塔である。パリ7区、シャン・ド・マルス公園の北西に位置する。エッフェル塔の名は、塔の設計および建設者であるギュスターヴ・エッフェルに由来する。

オテル・デ・ザンヴァリッド

場所
オテル・デ・ザンヴァリッド(仏: L'hôtel des Invalides)、通称アンヴァリッド(仏: Les Invalides)は、パリの歴史的建造物の一つ、旧・軍病院。廃兵院もしくは癈兵院とも書く。

ケ・ブランリ美術館

場所
ケ・ブランリ美術館(ケ・ブランリびじゅつかん、仏: Musée du quai Branly)は、パリ7区、セーヌ川のほとりのケ・ブランリー(ブランリー河岸)にある美術館である。ケ・ブランリー美術館とも表記する。ミッテラン時代の1995年より計画が開始され、2006年6月23日に開館した。この美術館はアフリカ、アジア、オセアニア、南北アメリカの固有の文明・文化・芸術を扱っており、収蔵品は30万点に及ぶ。

シャイヨ宮

場所
シャイヨ宮( - きゅう、仏: Palais de Chaillot)は、フランス・パリ16区にある大型展示会場である。エッフェル塔とはセーヌ川をはさんで反対側に建っている。

パッシー墓地

場所
パッシー墓地 (Cimetière de Passy) は、フランスパリ16区にある墓地。

シャン・ド・マルス公園

場所
シャン・ド・マルス公園(仏:Parc du Champ-de-Mars)は、フランス・パリの7区にある公園である。24.3haの面積を有するパリ有数の緑地であり、公園の北西側にはエッフェル塔、南東側にはエコール・ミリテール(陸軍士官学校)が隣接している。1867年の第2回パリ万国博覧会を最初として1937年までに5回の国際博覧会が開催され、大きなパビリオンが林立した。1991年には、この公園を含むパリのセーヌ川周辺は「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録された。

ラ・パゴッド

場所
ラ・パゴッド(La Pagode)は、フランスのパリ7区にある東洋風(日本式)の建物。1895年に建築家アレクサンドル・マルセルが日光東照宮に着想を得て設計し、百貨店「ボン・マルシェ」の重役が妻の誕生日のプレゼントとして贈った。現在は映画館やイベント会場として使われている。映画館、庭および建物の一部がフランスの歴史的建造物に指定されている。

ロダン美術館 (パリ)

場所
ロダン美術館 (Musée Rodin) は、フランスのパリ7区にある美術館である。オーギュスト・ロダンの自己の作品及びロダンがコレクションした美術品を中心として所蔵する。

国際連合教育科学文化機関

場所
国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、フランス語: Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、英語: United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本である)。

ドゥビリ橋

場所
ドゥビイ橋 (あるいはドゥビリ橋, 仏 : Passerelle Debilly) は、フランスのパリ、セーヌ川に架かる歩行者橋である。セーヌ川右岸の16区ニューヨーク大通りと同左岸の7区ブランリ河岸(ケ・ブランリ)とを結んでいる。ニューヨーク大通り側にはドゥビイ港がある。この橋はもともと1900年のパリ万国博覧会のために一時的な橋として架けられた。同時期に架けられた橋にアレクサンドル3世橋やオステルリッツ高架橋がある。橋の名前は軍事博覧会橋、マグデブール橋と転々としたが、第一帝政期の軍人でイエナの戦いで戦死したジャン・ルイ・ドゥビイ (fr) の名を取ってドゥビイ橋と名付けられた。構造は鋼製の単一アーチで橋脚は石積みである。橋脚には波を思わせる装飾のされた濃い緑色のタイルが貼り付けられている。エッフェル塔と並んでこの時代の建築を物語る建造物といえよう。建築協会の会長に「過ぎ去った祭の忘れられたモニュメント」と呼ばれるなど、ドゥビイ橋は常に消滅の危機にあったが1966年になり歴史的建造物に指定された。1991年には塗り替えが、1997年には踏面の貼替えが行われた。ベルリンの壁崩壊間近の1989年、東ドイツの外交官がこの橋の上で死体で見つかった。冷戦のさなか、この橋は東側のエージェントが秘密の会合をする場所だったのである。この事件はブライアン・デ・パルマ監督がファム・ファタールを製作する一因となった。
ルート詳細

長さ

4.3 km

高さの変化

40 m

ステップ

6000
作成者:
Energie
Pacerで開く開く