ルート 中国 北京市東城区
東華門-西華門-長安通り

東城区, 北京市, 中国

東華門-西華門-長安通り

長さ2.2 km
高さの変化4 m
ステップ3000
作成者: Джозеф.
ルート詳細
「東華門-西華門-長安通り」は東城区, 北京市, 中国周辺にある2.2 km(3,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ4 mで、難易度は簡単とされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。

天安門

場所
天安門(てんあんもん、簡体字: 天安门、拼音: Tiān'ānmén、満州語:ᠠᠪᡣᠠᡞᡝᠯᡥᡝᠣᠪᡠᠷᡝᡩᡠᡣᠠ、転写:abkai elhe obure duka)は、中華人民共和国の北京市東城区に位置する城門で、明・清代の王宮「紫禁城(現・故宮博物院)」の第一門(※正門は第二門の『午門』)。楼上で毛沢東が中華人民共和国の建国宣言を行い、中華人民共和国の国章にもその姿が描かれるなど、中華人民共和国の象徴のひとつとされている。天安門広場とは長安街を隔てて隣接する。

太和殿

場所
太和殿(たいわでん、簡体字: 太和殿、拼音: Tài Hé Diàn、満州語:ᠠᠮᠪᠠᡥᡡᠸᠠᠯᡞᠶᠠᠮᠪᡠᠷᡝᡩᡝᠶᡝᠨ、転写:amba hūwaliyambure deyen)は中華人民共和国北京市に位置する故宮博物院を構成する歴史的建造物。明清代における王宮であった紫禁城の中心を構成し、皇帝の即位、皇后冊立などの重要な儀礼が実施される場となった。皇帝権力を象徴するための意匠が各箇所に散見され、民間建築との差異が際立たされた設計となっている。俗称は金鑾殿。太和殿は三層の漢白玉による石台の上に建築されている中和殿、保和殿と合わせて三大殿と称されている。それに三大殿東側の文華殿、西側の武英殿を加えたものを外朝と称している。三大殿は紫禁城の中心線上に位置し、太和殿内部の玉座がその中心線上に設置されている。この中心線が明代における北京城の中心線となっている。
ルート詳細

長さ

2.2 km

高さの変化

4 m

ステップ

3000
作成者:
Джозеф.
Pacerで開く開く