ルート 中国 上海市虹口区
Bin江のトッププラスチック滑走路

虹口区, 上海市, 中国

Bin江のトッププラスチック滑走路

長さ41.4 km
高さの変化168 m
ステップ59000

美しい景色

野花

町歩き

史跡

静かな場所

野生動物

お手洗い

遊び場

作成者: Dawei
ルート詳細
「Bin江のトッププラスチック滑走路」は虹口区, 上海市, 中国周辺にある41.4 km(59,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ168 mで、難易度は難しいとされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。

上海中心

場所
上海中心(上海タワー、簡体字: 上海中心大厦、繁体字: 上海中心大厦、拼音: Shànghǎi Zhōngxīn Dàshà、英語: Shanghai Tower)は中華人民共和国上海市浦東新区に位置する超高層建築物である。2008年11月29日に着工し、2016年3月12日に完工した。高さは632mで、中国で最も高い超高層ビルであり、世界でもブルジュ・ハリファ (828m) に次ぐ高さの超高層ビルである(塔も含む建造物全体では、2m高い東京スカイツリーに次ぐ3番目の高さ)。

上海国際博覧会

場所
上海国際博覧会(シャンハイこくさいはくらんかい)は2010年5月1日から同年10月31日まで、中華人民共和国上海市浦東新区の上海世博園で開かれた国際博覧会である。約160年の国際博覧会の歴史において発展途上国における初めての開催とされることが多いが、実際には1949年にハイチの首都ポルトープランスで博覧会が開かれたという記録があるほか、国際園芸博覧会兼国際博覧会(1990年に大阪で行われた花の万博と同じタイプ)は、1999年に同じ中国で昆明世界園芸博覧会が、2006年にはタイでチェンマイ国際園芸博覧会が開かれている。過去に万博に参加したことがない北朝鮮が初めて出展、中華民国(台湾)が40年ぶりに出展したことでも知られる。また、資金難で2000年のハノーヴァー万国博覧会への参加を見送ったアメリカ合衆国も、2005年の愛知万博に引き続き今回も出展するなど、参加国、国際機関は万博史上最多の246を数え、敷地も万博史上最大であり、世界193カ国が参加申請うち189カ国が出展した(クウェート、ブータン、ブルキナファソの3か国は開幕前に申請を撤回した)。ただ、愛知万博と違って上海協力機構、欧州連合、ASEAN、アラブ連盟、アフリカ連合のような地域連合までもが参加したようにこの裏には過剰な勧誘があったとされるが、この件は「問題」の項目を参照されたい。建設、運営費用などの総事業費は万博史上最高額の約286億元(約3,900億円)、地下鉄や空港などのインフラ建設や都市整備などを含めると4千億元(約5兆5千億円)が投入された。

メルセデス・ベンツアリーナ

場所
メルセデス・ベンツアリーナ(英: Mercedes Benz Arena、中: 梅赛德斯-奔驰文化中心)は、中華人民共和国・上海市の「上海世博園」跡地にあるアリーナ。2010年4月30日の上海万博開会式でこけら落とされた。旧称は上海万博文化センター(Shanghai World Expo Cultural Center)。当初の名称は「上海万博演芸センター」となる予定であった。

上海港

場所
上海港(シャンハイこう)は中国上海市にある世界最大規模の国際貿易港。2010年にシンガポール港を抜いた。

上海市歴史博物館

場所
上海市歴史博物館(シャンハイしれきしはくぶつかん、中: 上海市历史博物馆)は、中国の上海の歴史をテーマにした博物館。この博物館のコレクションは、1843年の開港から共産党政権が実権を握った1949年までの約100年間の上海の歴史を焦点を当て、主にその都市発展の歴史と、政治、経済、文化、市政、社会生活などの分野にまたがっている。現在は自身の施設を持っておらず、コレクションの殆どは倉庫にある。しかし一部は浦東・陸家嘴の東方明珠電視塔の真下にある展示室で公開されており、他のコレクションも上海市内の専門博物館に貸し出されることがある。また時おり、上海図書館などの他の施設で特別展を開くこともある。

上海当代美術博物館

場所
上海当代芸術博物館(シャンハイとうだいげいじゅつはくぶつかん、中: 上海当代艺术博物馆、英: Power Station of Art)は、中国の上海にある現代美術の美術館。この建物は、以前は発電所であり、中国で初となる公営の現代美術の美術館である。改装費用は6,400万ドルで、上海市が負担した。この美術館は2010年の上海万博の跡地(黄浦江の西岸)にあり、2012年に開館した。2015年時点で、龚彦が館長を務めている。

世博大道駅

場所
世博大道駅(せはくだいどうえき)は中華人民共和国上海市浦東新区に位置する上海軌道交通13号線の駅である。

ノースチャイナ・デイリー・ニューズビル

場所
ノースチャイナ・デイリー・ニューズビルは中華人民共和国上海市外灘地区に位置する新古典主義建築のビル。外灘地域の建物は区画番号で呼ばれることもあり、この場合、外灘17号と呼ばれる。また、東中山路の始端にもなっており東中山路1号と呼ばれることもある。現在はAIGの支社であるアメリカ友邦保険(AIA)が入店しており、AIAビルと呼ばれることもある。建築されたのは1924年であり、当時上海で最も高いビルであった。

旧中国銀行上海ビル

場所
旧中国銀行ビルは上海外灘に位置する建物。旧地番から外灘23号とも呼ばれる。

日本産業館

場所
日本産業館(にほんさんぎょうかん)は、2010年5月1日から同年10月31日まで、中華人民共和国の上海市の上海世博園で開かれていた上海国際博覧会(上海万博)に出展されていた民間企業・自治体のパビリオンである。総合プロデューサーは、堺屋太一。建物は江南造船の造船所の建物を再利用した大屋根の下に、シスコ館・交通銀行と共に建てられていた。
ルート詳細

長さ

41.4 km

高さの変化

168 m

ステップ

59000
作成者:
Dawei
Pacerで開く開く