ルート 中国 上海市虹口区
上海川側

虹口区, 上海市, 中国

上海川側

長さ10.4 km
高さの変化24 m
ステップ15000

町歩き

作成者: minu55k
ルート詳細
「上海川側」は虹口区, 上海市, 中国周辺にある10.4 km(15,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ24 mで、難易度は簡単とされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。

ブロードウェイマンション

場所
ブロードウェイマンション(中国語: 百老汇大厦;繁体字: 百老匯大廈; 拼音: Bǎilǎohuì Dàshà)は上海外灘北部に位置する建物。19階建てのアール・デコ様式建築であり、上海でも屈指のホテル(五つ星)である。上海租界当時に立てられ、「開業以来、上海の名所のひとつであり続けた」といわれ、また50年以上にわたって上海の主要なシンボルの一つであった。かつては上海の最も目立つランドマークであり、アジアで最も背の高い建物であった。「上海の戦前建築では最も背が高」く、また少くとも1950年までは上海で最も背の高いアパートメントであった。呉淞江と黄浦江の合流地点の近く、外灘の北端に位置する。パーマー&ターナーの設計により1935年に竣工し、アジアの高層ビル時代の始まりを告げる存在となった。また上海における「アメリカの近代的高層ビルへの最接近」の証ともなった。外灘でも最高の眺望を得ている建物であり、外灘、黄浦が一望できる。元々は1935年に「ブロードウェイマンション」The Broadway Mansions と名付けられたが、1951年に上海市議会によって「上海マンション」Shanghai Mansions と改称された。しかし、中国が改革開放により西洋に再び門戸を開き始めた後、元の「ブロードウェイマンション」に戻されている。遅くとも1985年以来、ブロードウェイマンションは上海衡山ホールディング・カンパニー(上海市人民政府直属的上海衡山集団)が所有し、ホテルとして使用している。

上海クラブビル

場所
上海クラブビル(シャンハイ-)は中華人民共和国上海市外灘地区に位置する建築物。三階建ての新古典主義風の会館であり、かつては上海特派員クラブと言う名称であった。

ノースチャイナ・デイリー・ニューズビル

場所
ノースチャイナ・デイリー・ニューズビルは中華人民共和国上海市外灘地区に位置する新古典主義建築のビル。外灘地域の建物は区画番号で呼ばれることもあり、この場合、外灘17号と呼ばれる。また、東中山路の始端にもなっており東中山路1号と呼ばれることもある。現在はAIGの支社であるアメリカ友邦保険(AIA)が入店しており、AIAビルと呼ばれることもある。建築されたのは1924年であり、当時上海で最も高いビルであった。

気象信号台

場所
気象信号台(The Gutzlaff Signal Tower)は中国上海に位置する建物。気象信号塔、外灘天文台、外灘灯台、外灘信号台としても知られている。

外灘

場所
外灘(がいたん、拼音: Wàitān、ワイタン)あるいはバンド(英語名:The Bund)は、中国・上海市中心部の黄浦区にある、上海随一の観光エリアである。黄浦江西岸を走る中山東一路沿い、全長1.1kmほどの地域を指す。この一帯は19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区(上海租界)であり、当時建設された西洋式高層建築が建ち並んでいる。租界時代の行政と経済の中心であったことから現在も官庁と銀行が多いが、ジョルジョ・アルマーニやカルティエなどの大型旗艦店や、租界時代のレトロな雰囲気を売り物にしたバーやレストランなどが建物の中に入るようになり、お洒落な街並みに変貌しつつある。外灘の建築物群は、1996年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。

黄浦公園

場所
黄浦公園(こうほこうえん、中: 黄浦公园)は、上海・外灘の北東端にある三角形の緑地であり、街で最も古くかつ小さい公園である。ここには、外国支配からの脱却に尽くした先人を記念する大きな人民英雄紀念碑と、昔の写真で外灘の歴史を振り返る外灘歴史博物館がある。

和平飯店

場所
和平飯店(英語:Peace Hotel 中国語:和平饭店)は、上海外灘にあるフェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツのホテル。旧地番では外灘20号であり、この名で呼ばれることもある。

旧ユニオン・アシュランス・カンパニーズビル

場所
ユニオン・アシュランス・カンパニーズビル(中国語:有利大楼)は上海外灘に位置する建物。所在地の名称から外灘3号とも呼ばれる。1916年に完成した建物で、この建物は幾つかの保険会社に使われた。後に現在のユニオン・バンク系列の保険会社ユニオン・アシュランスが入店して、使われるようになったためにこの名前がつけられた。これは上海で活躍することになるパーマー&ターナーの上海での初仕事であり、上海で最初の鉄筋コンクリート建築であった。このビルは2241km2の建築面積をもち、6階建てで延べ床面積は13760km2であった。正面から外灘までの距離が狭かったために、正面玄関は広東路付近に位置している。この建築は全体にルネサンス建築風の新古典主義建築であり、正面から見ると左右対称になっている。また、一部にはバロック建築風の影響も見られる。屋根の要望は円形で角が塔のようになっている。1937年、日本軍は上海を占領した。その後、ユニオン・アシュランスは戦時の損害の補填ができなかったために、保険会社は資産を凍結させた。その際にユニオン・バンクがビルを購入したが、1949年、上海が中国共産党の手に落ちるとビルを接収され、上海から撤退した。1953年以降ビルは上海市民建築設計協会が使用した。1997年、シンガポールの企業投資ファンドが、このビルを買い取り、2004年からは外灘3号と呼ばれる高級ショッピングセンターに変わっており、幾つかのレストランなども参入している。

旧マクベインビル

場所
マクベインビル(中国語:麦边大楼、英語:McBain Building)は、上海外灘南端部に位置している建物。所在する土地の番号から、外灘1号と呼ばれることもあり、長い間亜細亜火油公司がこの土地を借りていたことからアジアビルとも呼ばれる。7階建てであり、1913年から1916年までに建築された。このあたりは英国が租界を作るにあたって最初に手を賭けた場所であり、初期には英国資本の兆豊銀行がたっていた。その後、この土地はアメリカ資本のラッセル商会に渡ったが、ラッセル商会は1891年に一時休業し、この土地を売り払い、その後は輪船招商局が入ったが、それも長くなく、この次に英国マクベイン商会が買収した。1913年、マクベイン商会はこの土地の建物を建て直すことにし、7階建て、床面積1,1984平方メートルのビルを建てた。設計はモールヘッド&ハルス(Moorhead&Halse、馬海洋行)であった。建築は全体的に新古典主義のデザインであり、正面にはイオニア式の大理石の円柱が四本、また、入り口はバロック風の装飾となっていた。英国資本のシェルとオランダ資本のロイヤル・ダッチ石油会社の提携会社ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社である、亜細亜火油公司がこのビルを長期にわたって借りることになった。このため、このビルはアジアビルと呼ばれることが多くなった。ここは亜細亜火油会社の華北、朝鮮半島での事業において本部として使われた。亜細亜火油公司の上海での営業は1966年に停止するが、このビルは1950年の時点で中国共産党政府によって接収されていた。その後政府の一部門上海冶金設計院がこのビルを使用していたが、1996年にこのビルは中国太平洋保険会社の本部になった。なお、亜細亜火油公司は漢口の英国租界にも社屋を持っており、そちらのビルもアジアビルと呼ばれた。

江海関

場所
江海関(こうかいかん)は中華人民共和国上海市外灘地区にある建築物。1927年に建築された八階建ての建物。旧香港上海銀行ビルに隣接しており、上海外灘のシンボル的な建物の一つである。江海関とは、江蘇海関(税関)の意である。現在も中華人民共和国海関総署上海海関の事務所が入居している。
ルート詳細

長さ

10.4 km

高さの変化

24 m

ステップ

15000
作成者:
minu55k
Pacerで開く開く