ルート 中国 上海市浦東新区
ブロードウェイ

浦東新区, 上海市, 中国

ブロードウェイ

長さ22.2 km
高さの変化68 m
ステップ32000
作成者: Mingruo Hu
ルート詳細
「ブロードウェイ」は浦東新区, 上海市, 中国周辺にある22.2 km(32,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ68 mで、難易度は難しいとされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。

上海中心

場所
上海中心(上海タワー、簡体字: 上海中心大厦、繁体字: 上海中心大厦、拼音: Shànghǎi Zhōngxīn Dàshà、英語: Shanghai Tower)は中華人民共和国上海市浦東新区に位置する超高層建築物である。2008年11月29日に着工し、2016年3月12日に完工した。高さは632mで、中国で最も高い超高層ビルであり、世界でもブルジュ・ハリファ (828m) に次ぐ高さの超高層ビルである(塔も含む建造物全体では、2m高い東京スカイツリーに次ぐ3番目の高さ)。

上海国際博覧会

場所
上海国際博覧会(シャンハイこくさいはくらんかい)は2010年5月1日から同年10月31日まで、中華人民共和国上海市浦東新区の上海世博園で開かれた国際博覧会である。約160年の国際博覧会の歴史において発展途上国における初めての開催とされることが多いが、実際には1949年にハイチの首都ポルトープランスで博覧会が開かれたという記録があるほか、国際園芸博覧会兼国際博覧会(1990年に大阪で行われた花の万博と同じタイプ)は、1999年に同じ中国で昆明世界園芸博覧会が、2006年にはタイでチェンマイ国際園芸博覧会が開かれている。過去に万博に参加したことがない北朝鮮が初めて出展、1970年の大阪の日本万国博覧会以来40年ぶりに参加する中華民国(台湾)が出展したことでも知られる。また、資金難で2000年のハノーヴァー万国博覧会への参加を見送ったアメリカ合衆国も、2005年の愛知万博に引き続き今回も出展するなど、参加国、国際機関は万博史上最多の246を数え、敷地も万博史上最大であり、世界193カ国が参加申請うち189カ国が出展し(クウェート、ブータン、ブルキナファソの3か国は開幕前に申請を撤回した)、中国では皇帝時代の「万国来朝」に喩えられた。しかし、上海協力機構、欧州連合、ASEAN、アラブ連盟、アフリカ連合のような地域連合までもが参加したようにこの裏には過剰な勧誘があったとされ、この件は「問題」の項目を参照されたい。建設、運営費用などの総事業費は万博史上最高額の約286億元(約3,900億円)、地下鉄や空港などのインフラ建設や都市整備などを含めると4千億元(約5兆5千億円)が投入された。

メルセデス・ベンツアリーナ

場所
メルセデス・ベンツアリーナ(英: Mercedes Benz Arena、中: 梅赛德斯-奔驰文化中心)は、中華人民共和国・上海市の「上海世博園」跡地にあるアリーナ。2010年4月30日の上海万博開会式でこけら落とされた。旧称は上海万博文化センター(Shanghai World Expo Cultural Center)。当初の名称は「上海万博演芸センター」となる予定であった。

上海港

場所
上海港(シャンハイこう)は中国上海市にある世界最大規模の国際貿易港。2010年にシンガポール港を抜いた。

和平飯店

場所
和平飯店(英語:Peace Hotel 中国語:和平饭店)は、上海外灘にあるフェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツのホテル。旧地番では外灘20号であり、この名で呼ばれることもある。

上海東方体育中心

場所
上海東方体育中心(シャンハイとうほうたいいくちゅうしん、中: 上海东方体育中心、上海オリエンタルスポーツセンター)は中国上海市浦東新区にあるスポーツ施設である。

外白渡橋

場所
外白渡橋(がいはくときょう、中: 外白渡桥、 拼音: Wàibáidù Qiáo、英: Garden Bridge)は、中国・上海にある鉄橋。上海の中心地である外灘の北端にあり、呉淞江をまたいで黄浦区と虹口区を結ぶいくつかの橋のうち最も東側(黄浦江側)にあたる。前身も含め4代目として1907年に建てられたこの橋は、中国初の全鋼橋であり、同国に現存する唯一のパーカートラス橋である。この橋は、その交通上の重要性、百年前の姿をとどめる独特なデザインによって、上海の著名なランドマークの一つとなっている。

台湾銀行上海支店ビル

場所
台湾銀行上海支店ビル(たいわんぎんこう-シャンハイしてんビル)は中華人民共和国上海市外灘地区に位置する新古典主義の建築物。近代日本建築の一面も見せる。当時日本の会社であった旧台湾銀行が上海での事業を行うために建設した。建築はレスター・ジョンソン&モリス。鉄筋コンクリート製で、敷地面積は904m2。正面には四本の円柱が見られる。外灘の建築物の中では小さい部類に入る。現在は招商銀行が入店している。

上海当代美術博物館

場所
上海当代芸術博物館(シャンハイとうだいげいじゅつはくぶつかん、中: 上海当代艺术博物馆、英: Power Station of Art)は、中国の上海にある現代美術の美術館。この建物は、以前は発電所であり、中国で初となる公営の現代美術の美術館である。改装費用は6,400万ドルで、上海市が負担した。この美術館は2010年の上海万博の跡地(黄浦江の西岸)にあり、2012年に開館した。2015年時点で、龚彦が館長を務めている。

旧マクベインビル

場所
マクベインビル(中国語:麦边大楼、英語:McBain Building)は、上海外灘南端部に位置している建物。所在する土地の番号から、外灘1号と呼ばれることもあり、長い間亜細亜火油公司がこの土地を借りていたことからアジアビルとも呼ばれる。7階建てであり、1913年から1916年までに建築された。このあたりは英国が租界を作るにあたって最初に手を賭けた場所であり、初期には英国資本の兆豊銀行がたっていた。その後、この土地はアメリカ資本のラッセル商会に渡ったが、ラッセル商会は1891年に一時休業し、この土地を売り払い、その後は輪船招商局が入ったが、それも長くなく、この次に英国マクベイン商会が買収した。1913年、マクベイン商会はこの土地の建物を建て直すことにし、7階建て、床面積1,1984平方メートルのビルを建てた。設計はモールヘッド&ハルス(Moorhead&Halse、馬海洋行)であった。建築は全体的に新古典主義のデザインであり、正面にはイオニア式の大理石の円柱が四本、また、入り口はバロック風の装飾となっていた。英国資本のシェルとオランダ資本のロイヤル・ダッチ石油会社の提携会社ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社である、亜細亜火油公司がこのビルを長期にわたって借りることになった。このため、このビルはアジアビルと呼ばれることが多くなった。ここは亜細亜火油会社の華北、朝鮮半島での事業において本部として使われた。亜細亜火油公司の上海での営業は1966年に停止するが、このビルは1950年の時点で中国共産党政府によって接収されていた。その後政府の一部門上海冶金設計院がこのビルを使用していたが、1996年にこのビルは中国太平洋保険会社の本部になった。なお、亜細亜火油公司は漢口の英国租界にも社屋を持っており、そちらのビルもアジアビルと呼ばれた。
ルート詳細

長さ

22.2 km

高さの変化

68 m

ステップ

32000
作成者:
Mingruo Hu
Pacerで開く開く