Liebfrauenkirche
ルート ドイツ バイエルン自由州ミュンヘン
シティツアーミュンヘン

ミュンヘン, バイエルン自由州, ドイツ

シティツアーミュンヘン

長さ9.4 km
高さの変化28 m
ステップ13000

町歩き

史跡

作成者: remuratis1
ルート詳細
「シティツアーミュンヘン」はミュンヘン, バイエルン自由州, ドイツ周辺にある9.4 km(13,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ28 mで、難易度は簡単とされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。
Quer durch die Innenstadt mit Einkehr im weißen Bräuhaus, Blick auf das Rathaus bis zu den Pinakotheken

アルテ・ピナコテーク

場所
アルテ・ピナコテーク(独: Alte Pinakothek、旧絵画館)はドイツの国立美術館である。バイエルン州ミュンヘンにある、世界でも最古の部類に属する公共美術館である。もとはバイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の収蔵品を市民を対象に展示する目的で作られた。以後、バイエルン王国のドイツ帝国への編入を経て、国有化され、現在にいたる。「ピナコテーク」という単語はギリシア語に由来しており、「絵画の収蔵所」という意味を持つ。

ノイエ・ピナコテーク

場所
ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)は、ドイツのミュンヘンにある美術館である。

オデオン広場

場所
オデオン広場(オデオンひろば、ドイツ語: Odeonsplatz)は、ミュンヘン市中心部にある広場。旧市街北部のルートヴィヒ通り(de:Ludwigstraße)南端にある。東はミュンヘン・レジデンツ(旧バイエルン王宮、de:Münchner Residenz)、西は旧オデオン劇場(現在はバイエルン州内務省庁舎)とテアティーナー教会(de:Theatinerkirche (München))、南はフェルトヘルンハレに面している。19世紀初め、ルートヴィヒ1世の命により、ルートヴィヒ通りや周辺のいくつかの建物とともにレオ・フォン・クレンツェの設計により造られた。名前は古くからあったオデオン劇場にちなむ。南側にはその後19世紀半ばにフェルトヘルンハレが造られた(クレンツェのライバルであるフリードリヒ・フォン・ゲルトナーによる)。

グリュプトテーク

場所
グリュプトテーク (Glyptothek) は、ドイツのミュンヘンにある古典古代彫刻専門の美術館である。「グリュプトテーク」はギリシャ語で「彫刻館」の意。同じミュンヘン市内にあるアルテ・ピナコテーク(旧絵画館)と同様、バイエルン国王・ルートヴィヒ1世(在位1825年-1848年)が設立した美術館である。アルテ・ピナコテーク(1836年開館)より若干早く、1830年に開館した。ギリシャ神殿風の建物は新古典主義の建築家レオ・フォン・クレンツェ(1784年-1864年)の設計になる。通りを挟んで向かい側にある古代美術博物館(Antikensammulugen)とともにバイエルン州立古代美術コレクションを形成している。第二次世界大戦の空襲で甚大な被害を受け、一時閉鎖されていたが、1972年に再開館した。

バイエルン州立図書館

場所
バイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek)は、バイエルン州の州都ミュンヘンにある州内の中心的図書館である。同時に、ドイツ語圏での最大級の図書館の一つでもある。この図書館の前身は、バイエルン公アルブレヒト5世が建てたヴィッテルスバッハ宮廷図書館である。公は1558年にヨハン・アルプレヒト・ヴィドマンシュテッター(Johann Albrecht Widmannstetter)の個人的な蔵書を図書館の基本的な蔵書とするために購入した。1571年には、アルブレヒト5世はヨハン・ヤコブ・フッガーの蔵書も購入して拡充を図った。そこには次のものが含まれる。フッガーから派遣された人員によってスペイン、イタリア、オランダなどで買い集められた約1万冊の本。アルプス以北で最も重要な人文主義的な蔵書とされたハルトマン・シェーデルの蔵書から流出した写本やインキュナブラ。それ以外の蔵書の劇的な増加は、ドイツの修道院が多く取り壊された1802年から1803年にかけて訪れた。この時に1000年以上にわたって蓄積されてきた稀覯書を、全体のごく一部ではあったが、ドイツの各領邦領主の図書館が救済する形になり、ミュンヘンにも流れたのである。ヴィッテルスバッハ宮廷図書館はバイエルン王国が倒れてバイエルン州が成立した1919年、バイエルン州立図書館と改称した。

マリエン広場

場所
マリエン広場(マリエンひろば、ドイツ語: Marienplatz、「マリア広場」の意)は、ドイツ、ミュンヘンの中心部にある広場である。1158年から市の主要広場となっている。

ピナコテーク・デア・モデルネ

場所
ピナコテーク・デア・モデルネ (Pinakothek der Moderne) は、ドイツのミュンヘンにある、20世紀から21世紀の現代美術・グラフィックアート・建築・デザインを展示する美術館である。近現代美術の展示館としては、ヨーロッパ最大規模を誇る。日本語による表記は統一されておらず、「モダン・ピナコテーク」などと表記する場合もある。「ピナコテーク」はギリシア語に由来し「絵画館」を意味する。ミュンヘンには、バイエルン王家のコレクションを展示するアルテ・ピナコテーク(旧絵画館、古典巨匠から18世紀までの絵画)、19世紀に当時の「現代美術」を展示するために建てられたノイエ・ピナコテーク(新絵画館、18世紀から19世紀の絵画を展示)がすでに存在していた。ピナコテーク・デア・モデルネはこれらに続く第3のピナコテークとして、2002年に開館した。これら3つのピナコテークは、古代美術博物館、グリュプトテーク(彫刻館)、レンバッハハウス美術館などのある地区とルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンのほぼ中間に位置しており、全体で一大文化地区を形成している。

バイエルン陸軍省

場所
バイエルン陸軍省(ドイツ語: Bayerisches Kriegsministerium)は、バイエルン王国に存在した行政省庁の一つ。バイエルン国王マクシミリアン1世によって1808年10月1日に設立された。

褐色館

場所
褐色館(かっしょくかん、ドイツ語: Braunes Haus)は、国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP, ナチ党)の党本部として使用された建物である。ミュンヘンのブリエナー大通り45番地(Brienner Straße 45)にあった。

旧植物園 (ミュンヘン)

場所
旧植物園(独:Alter Botanischer Garten、アルター・ボターニッシャー・ガルテン)はドイツのミュンヘン市、レンバッハ広場に面したかつての植物園。現在では公園として整備されている。
ルート詳細

長さ

9.4 km

高さの変化

28 m

ステップ

13000
作成者:
remuratis1
Pacerで開く開く