ルート ドイツ バイエルン自由州ミュンヘン
ニンフェンブルク英国庭園Unterföhring

ミュンヘン, バイエルン自由州, ドイツ

ニンフェンブルク英国庭園Unterföhring

長さ12.8 km
高さの変化21 m
ステップ18000
作成者: ericdesideriu
ルート詳細
「ニンフェンブルク英国庭園Unterföhring」はミュンヘン, バイエルン自由州, ドイツ周辺にある12.8 km(18,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ21 mで、難易度は普通とされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。

アルテ・ピナコテーク

場所
アルテ・ピナコテーク(独: Alte Pinakothek、旧絵画館)はドイツの国立美術館である。バイエルン州ミュンヘンにある、世界でも最古の部類に属する公共美術館である。もとはバイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の収蔵品を市民を対象に展示する目的で作られた。以後、バイエルン王国のドイツ帝国への編入を経て、国有化され、現在にいたる。「ピナコテーク」という単語はギリシア語に由来しており、「絵画の収蔵所」という意味を持つ。

ノイエ・ピナコテーク

場所
ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)は、ドイツのミュンヘンにある美術館である。

エングリッシャーガルテン

場所
エングリッシャーガルテン(Englischer Garten)またはイギリス庭園は、ドイツのミュンヘン中心部にある大規模な公園で、中心街から市の北に向かって延びている。1789年、ベンジャミン・トンプソン (1753-1814) が作り、後継者の Reinhard von Werneck (1757-1842) やフリードリッヒ・ルードヴィッヒ・フォン・シュケル (1750-1823) が拡張・改修した。総面積は 3.7 km2、958ha で、都市部の公園としては世界的にも大きく、ニューヨークのセントラル・パークより大きく、ロンドンのリッチモンド公園より小さい。名称はイギリス式庭園に由来し、18世紀中ごろから19世紀初めにかけてイギリスで流行したランスロット・ブラウンに代表される幾何学的でない造園方式を意味する。

バイエルン州立図書館

場所
バイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek)は、バイエルン州の州都ミュンヘンにある州内の中心的図書館である。同時に、ドイツ語圏での最大級の図書館の一つでもある。この図書館の前身は、バイエルン公アルブレヒト5世が建てたヴィッテルスバッハ宮廷図書館である。公は1558年にヨハン・アルプレヒト・ヴィドマンシュテッター(Johann Albrecht Widmannstetter)の個人的な蔵書を図書館の基本的な蔵書とするために購入した。1571年には、アルブレヒト5世はヨハン・ヤコブ・フッガーの蔵書も購入して拡充を図った。そこには次のものが含まれる。フッガーから派遣された人員によってスペイン、イタリア、オランダなどで買い集められた約1万冊の本。アルプス以北で最も重要な人文主義的な蔵書とされたハルトマン・シェーデルの蔵書から流出した写本やインキュナブラ。それ以外の蔵書の劇的な増加は、ドイツの修道院が多く取り壊された1802年から1803年にかけて訪れた。この時に1000年以上にわたって蓄積されてきた稀覯書を、全体のごく一部ではあったが、ドイツの各領邦領主の図書館が救済する形になり、ミュンヘンにも流れたのである。ヴィッテルスバッハ宮廷図書館はバイエルン王国が倒れてバイエルン州が成立した1919年、バイエルン州立図書館と改称した。

バイエルン陸軍省

場所
バイエルン陸軍省(ドイツ語: Bayerisches Kriegsministerium)は、バイエルン王国に存在した行政省庁の一つ。バイエルン国王マクシミリアン1世によって1808年10月1日に設立された。

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン

場所
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(ドイツ語:Ludwig-Maximilians-Universität München、ラテン語:Universitas Ludovico-Maximilianea Monacensis、略称:LMU München)は、ドイツ・バイエルン州の州都ミュンヘンにある総合大学である。1472年に設置された。通称、ミュンヘン大学。2019年のTHE世界大学ランキングにおいて32位を記録する、ドイツまたはヨーロッパを代表する名門大学の1つである。また「人文科学部門」で16位(国内1位)、「物理科学部門」で23位(国内1位)、「教育部門」で36位(国内1位)、「医学部門」で40位(国内2位)に位置している。

ブランドホルスト博物館

場所
ブランドホルスト博物館(独: Museum Brandhorst)は、ドイツ南東部のバイエルン州の州都ミュンヘンにある近現代美術品を貯蔵した博物館。2009年5月21日にオープンした。貯蔵品は200点以上にのぼる。アネッテ・ブランドホルストとその夫のウド・フリッツ・ハーマンが生前に集めた美術品が展示されている。アネッテはシャンプーや洗剤などを製造しているヘンケル社の創業者フリッツ・ヘンケルの曾孫である。博物館の外壁にはカラフルに色付けられた円筒形のセラミックのブロックでデコレーションされている。セラミックには23色の違った色が塗られており、2万3千個のブロックが使われている。建物は地下階、地上階、上階の3フロアがあり、床や階段や手すりにはデンマーク産の木材が使用されている。

ミュンヘン美術院

場所
ミュンヘン美術院(独: Akademie der Bildenden Künste München、英: Academy of Fine Arts, Munich)は、ドイツの最も古い、また最も重要な美術院の一つである。1808年にバイエルン王国のマクシミリアン1世によって設立された。2005年、新しい建物が建築設計事務所コープ・ヒンメルブラウによって建てられた。

ピナコテーク・デア・モデルネ

場所
ピナコテーク・デア・モデルネ (Pinakothek der Moderne) は、ドイツのミュンヘンにある、20世紀から21世紀の現代美術・グラフィックアート・建築・デザインを展示する美術館である。近現代美術の展示館としては、ヨーロッパ最大規模を誇る。日本語による表記は統一されておらず、「モダン・ピナコテーク」などと表記する場合もある。「ピナコテーク」はギリシア語に由来し「絵画館」を意味する。ミュンヘンには、バイエルン王家のコレクションを展示するアルテ・ピナコテーク(旧絵画館、古典巨匠から18世紀までの絵画)、19世紀に当時の「現代美術」を展示するために建てられたノイエ・ピナコテーク(新絵画館、18世紀から19世紀の絵画を展示)がすでに存在していた。ピナコテーク・デア・モデルネはこれらに続く第3のピナコテークとして、2002年に開館した。これら3つのピナコテークは、古代美術博物館、グリュプトテーク(彫刻館)、レンバッハハウス美術館などのある地区とルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンのほぼ中間に位置しており、全体で一大文化地区を形成している。
ルート詳細

長さ

12.8 km

高さの変化

21 m

ステップ

18000
作成者:
ericdesideriu
Pacerで開く開く