ルート フランス ヴァール県La Crau
ラ・クロからイエールまで、電車で戻る

La Crau, ヴァール県, フランス

ラ・クロからイエールまで、電車で戻る

長さ15.2 km
高さの変化452 m
ステップ22000

美しい景色

野花

町歩き

史跡

静かな場所

岩や石

影がない

急斜面

作成者: Xia
ルート詳細
「ラ・クロからイエールまで、電車で戻る」はLa Crau, ヴァール県, フランス周辺にある15.2 km(22,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ452 mで、難易度は難しいとされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。
Beautiful hike between La Crau and Hyères, dominating the heights of the coast. This hike visits the castle ruins of Hyères and the alleys of the old town as well as taking a walk in the remarkable Hyères gardens before returning to La Crau on the TER. (Adult train ticket is 2.30 Euro - May 2019)

イエール (ヴァール県)

場所
イエール(Hyères)は、フランス、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ヴァール県のコミューン。トゥーロンの東16kmほどに位置し、時にはイエール=レ=パルミエ(Hyères-les-Palmiers、ヤシの木のイエール)と称される。2つの小郡の郡庁所在地であり、市街はガポー川河口と地中海に面する。イエール=レ=パルミエとは、約7000本のヤシノキがコミューン内に植栽されていることと、育苗業が盛んであるためにつけられた愛称である。1887年イエールにて、ステファン・リエジャールは『コート・ダジュール』という言葉を生み出した。

ノアイユ子爵夫妻邸

場所
ノアイユ子爵夫妻邸、あるいはより簡明にヴィラ・ノアイユ(La villa Noailles)は、フランス共和国ヴァール県イエールにある「歴史的記念物」に指定されている建築物である。イエール市街を見下ろす丘の上にあり、中世に建てられた古い城シャトー・サン=ベルナールが近くにある。建築家ロベール・マレ=ステヴァンスの設計による本邸宅は、「居住機能を追求する」、「装飾的要素を切り詰める」といったモダニズム建築の理論を具現化した建築としては最初期のものである。邸宅の南東端にある三角形のエリアに設けられたガブリエル・ゲヴレキアン設計の庭は「立体派の庭」と呼ばれ、造園芸術の歴史上重要な作品となった。本邸宅の建築主、最初の所有者は、パリの知識人層に影響力も持つ裕福な貴族であり、近現代芸術の名だたる作家の多くと交友があり、良きメセナであったノアイユ夫妻であったが、1973年に行政に売り渡され、改修を経て1996年からは美術館として機能している。
ルート詳細

長さ

15.2 km

高さの変化

452 m

ステップ

22000
作成者:
Xia
Pacerで開く開く