ルート イタリア ミラノ県ミラノ
ミラノセンター

ミラノ, ミラノ県, イタリア

ミラノセンター

長さ2 km
高さの変化4 m
ステップ3000

道路

作成者: 🐾Frida🐾
ルート詳細
「ミラノセンター」はミラノ, ミラノ県, イタリア周辺にある2 km(3,000歩)のルートです。このルートの獲得標高はおよそ4 mで、難易度は簡単とされています。これに似たルートはPacerアプリからご覧ください。

ミラノのドゥオーモ

場所
ミラノのドゥオーモ (イタリア語:Duomo di Milano、ドゥオーモ・ディ・ミラーノ) は、ロンバルディア州都ミラノの象徴である。都市の中心の同名のドゥオーモ広場に位置し、聖母マリアに献納されているドゥオーモである。ミラノのドゥオーモは500万人のカトリック信者がいる世界最大の司教区であるミラノ大司教区を統括する首都大司教の司教座聖堂であり、その大司教は2011年からAngelo Scola アンジェロ・スコラ枢機卿(1941年生まれ)が務めている。このドゥオーモ広場の北にヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアがあり、そのまま ミラノスカラ広場(スカラ座)へ通じている。

フォンターナ広場爆破事件

場所
フォンターナ広場爆破事件(フォンターナひろばばくはじけん、イタリア語: Strage di piazza Fontana)は、1969年12月12日、ミラノのフォンターナ広場(it:Piazza Fontana)に面した全国農業銀行(it:Banca Nazionale dell'Agricoltura)が爆破された事件である。1980年のボローニャ駅爆破テロ事件などとともに、冷戦期にアメリカ合衆国と北大西洋条約機構(NATO)が操っていた謀略活動「グラディオ作戦」の一環であると見られている。

ドゥオーモ駅 (ミラノ地下鉄)

場所
ドゥオーモ駅 (Duomo)は、ミラノ地下鉄の1線の駅で1964年に開業した1990年には、3線との乗り換え地点となり、同じ年の12月まではその始発駅であった。駅はミラノのコムーネ領域内のドゥオーモ広場にある。地下駅である。駅はミラノ大都市圏内にある。サン・ドナート方面の3線の線路は約25メートルの深さにあるため湿気の問題がある。駅付近にはドゥオーモ、スカラ座、ミラノ王宮、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアがある。駅の通路はドゥオーモ地下にあるキリスト教以前のバシリカの古代遺跡と繋がっている(が閉じられている)。M1とM3の駅の中2階は通路で、トリノ通り、コルドゥージオ広場(職人ギャラリー)、王宮、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世通りなどの出口と繋がっており、出口の一つはドゥオーモ広場のリナシェンテの中にある。

ポルディ・ペッツォーリ美術館

場所
ポルディ・ペッツォーリ美術館 (Museo Poldi Pezzoli) は、イタリア・ミラノにある美術館である。

モンテナポレオーネ駅

場所
モンテナポレオーネ (Montenapoleone) は、ミラノ地下鉄M3線の駅の一つで、M3線の開業した年の1990年5月3日に開業した(当初はドゥオーモ駅とチェントラーレ駅の区間)。駅は街の中心地区のモンテナポレオーネ通りとアレッサンドロ・マンゾーニ通りとの交差点に立てられた。駅はミラノファッションの中心地区に立地する。他の全ての3号線の駅と同じく地下駅となっている。

大聖堂広場 (ミラノ)

場所
大聖堂広場(イタリア語: Piazza del Duomo)はイタリアのミラノ中心にある広場で、広場に面して建てられているミラノ大聖堂に因んで名付けられた。日本語でドゥオーモ広場と表記されることもある。広場の面積は約17,000m2で、ミラノの地理的な中心であるだけでなく、文化・芸術・商業の中心でもある。広場には、街のランドマーク的建物が多数面しており、訪れる観光客も多い。広場は14世紀から形作られ始め、歴史を経るとともに現在の広さまで拡張されてきた。広場に面している大聖堂も、建設開始から完成まで6世紀ほど掛かっている。現在見られる広場のデザインは、19世紀の建築家ジュゼッペ・メンゴーニによるものである。統一されたファサードを持つ建物で広場を囲む彼のデザインから逸脱しているのは、大聖堂とミラノ王宮だけである。広場に面しているヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアも彼のデザインである。
ルート詳細

長さ

2 km

高さの変化

4 m

ステップ

3000
作成者:
🐾Frida🐾
アプリで開く開く